精神科より敷居が低い!気軽に立ち寄れる心療内科

精神科より敷居が低い!気軽に立ち寄れる心療内科

心療内科では何を診断する?

心療内科で受診可能なものは、真因的な要因で体に影響が出るような症状のものです。たとえば、うつ状態が続いて会社などに行けなくなってしまったり、その影響で体のどこかに痛みを感じるようになったり、眠れなくなってしまったりなどの症状は心療内科で受診することが可能です。また、精神科に比べて病院の雰囲気が内科っぽく、敷居が低くて入りやすいのも心療内科の良いところですよね。軽いうつ状態などを感じたら、気軽に心療内科に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

うつ状態による不眠症の解消も相談に乗ってくれる

うつ状態で眠れなくなってしまうことはよくあることです。1人で悩むのは辛いことですよね。そんなときは心療内科に相談してみましょう。専門医によるカウンセリングを受けるだけでも気持ちが落ち着くものです。日常生活におけるいろいろなことの対処の仕方などを親身になって相談に乗ってくれますよ。また、睡眠導入剤などを処方してくれるなどの薬物療法も行ってくれます。うつ状態を直すには、まず質の良い睡眠をしっかりと確保して、心を健康的な状態に回復させるのが一番の回復の近道なのです。

睡眠障害の回復のアプローチ

なかなか眠れない、睡眠の質が悪い、早朝覚醒をしてしまうなどの睡眠障害がある場合には、心療内科の先生はその根本原因となっているストレスなどを上手に診察の中で引き出してくれます。専門医はそのストレスとの上手なつきあい方を教えてくれて、上手なカウンセリングを行ってくれます。また、寝付きが悪いようであれば睡眠導入剤の処方、睡眠の質が悪かったり、早朝覚醒などを起こしてしまう場合には睡眠延長剤などの処方を行ってくれます。

岡山の心療内科はカウンセリングを行いやすい環境が整っているところが多いです。スタッフを含め、丁寧な対応を心がけているところばかりです。