がん先端治療とがん予防について

がん先端治療とがん予防について

がん先端治療が注目されています

現在のところ手術と放射線治療、化学療法が、がんの三大治療と言われています。通常は、こういった選択肢の中から治療法を選ぶことになるのが一般の医療機関です。このような標準的な治療に加えて、昨今ではがん先端治療も登場しています。がん先端治療は一部の病院でのみ行われていますが、希望に応じて三大治療と併用することも可能です。がん先端治療の場合は、自由診療となることが多く、高額な医療費が一つの問題となります。

負担が少ないことで知られています

一般的ながんの三大治療は、患者の体力を少なからず低下させることが問題です。特に手術や化学療法は、体に大きな負担を与えます。最近試みられているがん先端治療の場合は、概して体への負担が少ないことが大きな利点です。複数の臓器に転移している方でも問題なく利用出来る場合があり、期待が持たれています。粒子線治療や免疫細胞療法などは、がん先端治療の一例です。保険商品の中には、この手の治療を保障するものも登場しています。

がん予防が一つの課題です

がんは、主に生活習慣によって引き起こされることが最近では分かってきています。食生活や運動習慣などによって、がんの発生率は変わってくることがほとんどです。がんは、体の免疫力が低下した時に一気にリスクが高まります。従って、がん予防のためには、生活を整えて免疫力をアップしておくことが大切です。近年様々な医療機関でスタートされている免疫細胞療法は、本来持っている免疫力を高めます。ですので、がんを予防した方からも注目されている療法です。

がんは決して治せない病気ではありません。がん先端治療は確実に進歩しているので、完治できる可能性が高くなっています。がん先端治療は保険が適用されない場合が多いので、がん保険にはしっかり加入するべきです。